電子契約ってこういうこと!

電子契約とは、紙で締結していた従来の契約書を電子文書に交換して契約を締結する方法です。
電子署名やタイムスタンプを用いて双方の合意を証明し、法的効力を持たせることにより
インターネット上で安全に契約を完結できるのが特徴です。

電子契約ってこういうこと!

電子契約は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による、日本国内で非常事態宣言(2020年4月7日)に伴い、テレワークが推進される中で非常に注目を集めている仕組みの一つです。

また同時期、「ハンコを押すために出社した。」というコピーの広告が、SNS上で話題となり電子契約が広く認知されるようになりました。

テレワークにも電子契約は必須ですね!
今後は紙と印鑑による契約から、電子契約が主流となりそうです。
美都澪久[びっと れいく]

電子契約と書面での契約を
比べてみよう

  電子契約 書面契約
媒体 PDFなどの電子データ 紙による印刷/袋とじ製本
回覧 SMSやeメール 原本の郵送・持参
承認 電子署名/認定タイムスタンプ 記名・捺印(印鑑・印鑑証明書)
保管 サーバに保管/閲覧用に印刷可 ファイルケース/キャビネットなど
所要日数 即日〜2日程度 1週間〜2週間程度

電子契約だったら、すべてが
楽になります!

  • 誤りや内容変更があった時でも、簡単に修正できる!
  • 引き出しやキャビネットをひっくり返して探す必要なし!
  • お手元のスマホやPCで最短3分で契約締結!
  • 契約の相手方が複数存在する場合でも、システム上から今誰の所で止まっているのかリアルタイムで確認できて安心!

SMSや電子メールで締結するため、郵送や紙媒体での保管が不要となります。
オンライン上で完結するため、場所や時間に制約がないことも特徴です。

電子契約では、返送も不要になりますね。
契約相手にとっても負担が少なくなるため、喜ばれそうです。
美都澪久[びっと れいく]

電子契約なら印紙代が不要!?

電子契約の導入でもっとも分かりやすいメリットが、印紙代のコスト削減です。
印紙代は、印紙税法第二条において、印紙税の対象となる課税文書が定義されています。
その金額は、1通数百円から、数万円を超えるものまであります。

※印紙税について、国税庁は課税文書を「紙の原本」と定義しています。
このため、契約書の電子データはもちろん、電子データのコピー(写し)も課税対象文書に該当しないため、印紙代は発生しません。詳細は「よくある質問」をご参照ください。

印紙って、高額なものは数万円もするんですね…。
電子契約にするだけで印紙代が不要になるなら、嬉しすぎます!
美都澪久[びっと れいく]

事務作業の効率化でコスト削減!

事務作業の効率化でコスト削減!

電子契約なら、こんなに
効率化が可能です

  • 事務作業は、ほぼすべてPCかスマホで完結するので能率UP
  • クラウド上でのデータ保管で、契約書を探す手間の削減
  • システムに沿って作業すれば、最短3分で契約締結
効率よく作業可能できて、コスト削減。最高ですね!
電子契約で慣れちゃうと、書面での契約には戻れないかも!?
美都澪久[びっと れいく]

コンプライアンスの順守

電子契約は、契約データ(PDF)にタイムスタンプを付与し、e-文書法や電子帳簿保存法などの各種法令に対応した運用を実現します。タイムスタンプの付与により契約内容の改ざんを防止し、契約データを保全する効果もあります。

法令遵守・データ管理の
対策済み

  • タイムスタンプシステムで
    契約内容改ざんを防止
  • 紛失などの管理漏れの
    リスク軽減
  • 契約状況や契約更新期限などもシステムから自動管理
データ保持や改ざん防止のために、色々工夫されているんですね。
業務で使うシステムだからこそ、安心して使いたいものです。
美都澪久[びっと れいく]

まずはお問い合わせください!